燻製生活

燻製料理って美味しいですよね。
スモークチーズ、ベーコン、ビーフジャーキー、スモークサーモン等々、美味しいものがいっぱいです。

ただ唯一の欠点が調理時の煙です。
部屋が煙臭くなるのを気にしない限り、都会のマンションではほぼ無理です。

・・・
と思ってたんですが、煙がでない調理器具を発見して買っちゃいました。

THERMOS 保温燻製器 イージースモーカー ブラック RPD-13 BK

THERMOS 保温燻製器 イージースモーカー ブラック RPD-13 BK


さっそく試してみます。
まずは簡単なチーズから
f:id:sato-m99:20140805215032j:plain
f:id:sato-m99:20140805215039j:plain
調理時間は30分ほど、5分火入れ、20分保温といった感じでかなりスモーク感がでてます。
f:id:sato-m99:20140822205823j:plain

チーズの次はベーコン、ソーセージ、はんぺんを試してみます。
こういう少し水分がある物は、冷蔵庫で1時間ほど乾燥させた後にスモークする必要があります。
出来上がりがこちら。
f:id:sato-m99:20140805215045j:plain

やはり食べた瞬間にスモークのいい香りが口の中に広がり、とても美味しいです。



ここまでは市販の物をスモークするだけでしたが、今度はベーコンを1から作ってみました。
まずは塩漬けしていきます。
豚バラのブロックにフォークなどで穴をあけ、丁寧に6面全部に塩胡椒をぬり込んでいきます。
f:id:sato-m99:20140822200756j:plain
あとはジップロックなどに入れ、1週間程度寝かせます。
f:id:sato-m99:20140822200807j:plain
塩漬けが終わったら今度は塩抜きします。
半日程度、何回か水をかえつつ抜いていきます。
後ほど書きますが自分はここで失敗しました。
4〜5回水をかえて丁寧に塩抜きすることをお勧めします。
f:id:sato-m99:20140822200822j:plain
十分に乾燥させた後、スモーク開始
f:id:sato-m99:20140822200830j:plain
出来上がり
f:id:sato-m99:20140822200837j:plain
f:id:sato-m99:20140822200846j:plain
今回はカリカリベーコンのベーコンエッグにして食べてみました。
f:id:sato-m99:20140822200858j:plain
f:id:sato-m99:20140822200905j:plain

食べた感想としては、ちょっと塩辛い。
あまり塩抜きしすぎるのもよくないとか考えて、水をかえる回数を少なくしたのが原因と考えられます。
とはいえ、塩辛い以外は今まで食べてきたベーコンとは比べ物にならない香りと味です。


燻製というちょっとした一手間で旨味と香りが増す調理法、やみつきになりそうです。
今後も様々な食材にチャレンジしていきたいと思います。



燻製生活 - 城好きwebプログラマーの生態メモ - 生活編

広告を非表示にする