「坂の上の雲」

まことに小さな国が開化期を迎えようとしている。

「小さな」といえば明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。
産業といえば農業しかなく、人材といえば三百年のあいだ読書階級であった旧士族しかなかった。
明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものを持った。
誰もが「国民」になった。
不慣れながら「国民」になった日本人たちは、日本史上の最初の体験者としてその新鮮さに
昂揚した。
この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ、この段階の歴史は分からない。
社会のどういう階層の、どういう家の子でも、ある一定の資格をとるために必要な記憶力と
根気さえあれば、博士にも官吏にも軍人にも教師にも成り得た。
この時代の明るさはこういう楽天主義から来ている。

今から思えば実に滑稽なことに、コメと絹の他に主要産業のない国家の連中は、ヨーロッパ
先進国と同じ海軍を持とうとした。
陸軍も同様である。
財政の成り立つはずがない。
が、ともかくも近代国家を作り上げようというのは元々維新成立の大目的であったし、
維新後の新国民の少年のような希望であった。

この物語は、その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つロシアと対決し、
どのように振舞ったかという物語である。
主人公は、あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれないが、ともかく
我々は3人の人物の跡を追わねばならない。
四国は伊予松山に3人の男がいた。
この古い城下町に生まれた秋山真之は、日露戦争が起こるにあたって勝利は不可能に近いと
言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。
その兄の秋山好古は,日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコサック師団を
破るという奇跡を遂げた。
もう一人は、俳句短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて、その中興の祖となった
俳人・正岡子規である。

彼らは明治という時代人の体質で、前をのみを見つめながら歩く。
上って行く坂の上の青い天に、もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いているとすれば、それのみを
見つめて坂を上っていくであろう。

これはNHKのドラマ「坂の上の雲」の冒頭のナレーションです。
とてもいい文章ですよね。

最近レンタルして観ました。
Blue-rayのbox高いんですよね。全部そろえようと思うと5万弱かかります。

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 ブルーレイ BOX [Blu-ray]

司馬遼太郎さんが原作で執筆に10年の歳月を費やし、全身全霊で描き上げた作品です。
明治維新以後から日露戦争までが舞台で、秋山兄弟と正岡子規を中心とした青春群像となっています。

秋山真之を本木雅弘さん、秋山好古を阿部寛さん、正岡子規を香川照之さんが演じてます。
1話90分の全13話で構成されており、3年がかりで撮影、放送されました。

かなり面白いです。
ストーリー、映像、配役、演技、BGM、全て見事にはまってます。

自分としては乃木希典が好きですね!
乃木で検索すると続くワードの3位が「無能」とこの作品の原作のせいで乃木無能説まで流れてる昨今ですが、ドラマではちょっとだけフォローされてます。

あとは阿部ちゃん!
ドラマ内でも説明ありましたけど、秋山好古というのは酒を飲みながら戦闘の指揮をするくらい昔の英雄を彷彿させるような豪傑さがあった人物なんですが、それを見事に演じてます。
特に乗馬時の姿がとても様になってます。

ただ、司馬さんが戦争賛美にとられかねないとのことでずっと映像化に反対していた作品ということもあるせいなのか、戦争パートが少ない気がします。
上記に書いたナレーションのバルチック艦隊だ、コサック師団だ、とワクワクしてみると拍子抜けしかねません。
でも原作者の反対を死後に反故にしたわけですから、このくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

そうそう、この冒頭のナレーション担当していたのは渡辺謙さんです。
ここまで書いといてなんですが、歴史作品の中で自分が一番好きなのは渡辺謙さんが主役をした大河の「独眼竜政宗」です。。。

NHK大河ドラマ 独眼竜政宗 完全版 第一巻 [DVD]

NHK大河ドラマ 独眼竜政宗 完全版 第一巻 [DVD]


「坂の上の雲」 - 城好きwebプログラマーの生態メモ - 生活編