浅草・スカイツリー

東京及び近郊に住んで十数年。
近くに住んでいながら行ったことのない場所の一つ、それが浅草でした。
一大決心して浅草へ、ついでに歩いて行けるスカイツリーにも。

浅草

f:id:sato-m99:20141102124615j:plain
f:id:sato-m99:20141102130807j:plain

続きを読む

湯河原旅行

湯河原温泉へ1泊2日で旅行に行ってきました。
旅のテーマは「リラックス」、日々の疲れを癒しに温泉へ。


まずは腹ごしらえ。
湯河原駅近くにある定食屋さんで金目の煮付け定食を食べました。
f:id:sato-m99:20150329230254j:plain
f:id:sato-m99:20150329230310j:plain


満たされたことだし万葉公園へ。
広くて木々も多く、自然あふれる公園です。
f:id:sato-m99:20141018144336j:plain

続きを読む

鎌倉散歩

鎌倉を散歩してきました。


何はともあれ腹ごしらえということで、海に近いこともあり「イワシの刺身定食」。
すごく美味しかった!
f:id:sato-m99:20141011142423j:plain
鎌倉といえばの生シラスも小鉢でついてきました。
採れない日はついてこないそうな。
f:id:sato-m99:20141011142428j:plain

続きを読む

新しい餃子の作り方

餃子って美味しいけど作るのがちょっとめんどくさい料理ですよね。
皆さんは餃子ってどう作ってますか?


自分は普段どの種類の餃子でも、餡を作って市販の餃子の皮の真ん中に餡を入れて、周りに水つけてヒダを作りつつ包むというのを一個ずつやってました。
ウチの実家ではこれが普通でしたし、市販の皮を使うのは別としてテレビなんかを見てもこれが普通かなって思います。



しかし、最近読んだ漫画の中で餃子を作るシーンがあり、ほんのちょっとしたことなんですが自分の中では衝撃を受けた作り方だったので試してみました。


これです。
f:id:sato-m99:20140928055451j:plain
分かりますか?
最初に餃子の皮を一面に並べ、それから一気に餡をのせていくのです。
たかがこれだけと思うかもしれませんが、これは衝撃ですよ。


なぜこれを今まで思いつかなかったのか情けなくなりつつも、これを思いついた人を素直に賞賛したいです。
その漫画ではこれだけではありません。餃子のヒダの必要性についても言ってました。
ヒダというのは餃子を立たせる為に必要であって水餃子の場合は必要ない、これも衝撃。


この様に水餃子の場合は餃子の口をただ閉じただけでいいのです。
ワンタンみたいではありますが、作るスピード格段に早くなります。
f:id:sato-m99:20140928055507j:plain


もちろんこれらの方法で味になんら変化はありません。
他の人にとってはどうか分かりませんが、自分にとっての衝撃だったので書いてみました。


ちなみにその漫画はこれです。
手元にないので何巻に乗っていたかは忘れましたが、たぶん7、8巻あたりだったかと。

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)



新しい餃子の作り方 - 城好きwebプログラマーの生態メモ - 生活編

ビール工場見学

横浜にあるキリンビール工場へ見学をしに行ってきました。
今回見学したコースは「一番搾りうまさの秘訣体感ツアー」というコースで、一番搾りの作り方を見学し、美味しさを体感できるツアーです。


原料の麦芽とホップです。
一番搾りは、この麦芽とホップに加え、水と酵母の4種類のみで作られているらしいです。
f:id:sato-m99:20140908000606j:plain

全体の行程は、糖化、麦汁ろ過、煮沸、発酵、貯蔵・ろ過、パッケージという流れでできているらしいです。
すべて詳しく見るということはできないんですが要所要所は見ることができます。

続きを読む

ウイスキー梅酒

さかのぼること3ヶ月前、青梅の季節ということもあり梅酒を作りました。
ただ単純に梅酒を作ったのでは面白くない。
試しに漬けるアルコールを変えてみました。


今回はこのウイスキーで
f:id:sato-m99:20140903212930j:plain


あとは同じで、青梅を処理して容器に氷砂糖と層になるように並べる
f:id:sato-m99:20140903212919j:plain
f:id:sato-m99:20140903212943j:plain

あとはそこにウイスキーをドボドボと
f:id:sato-m99:20140903213001j:plain


とここまでが3ヶ月前、で現在の姿がこちら
f:id:sato-m99:20140903200000j:plain

中の青梅には変化があるけど、色としてはウイスキーの色そのまんま変わらずといった感じ。


実際飲んでみた感想は、飲み口は普段の梅酒そのもので梅の香りがガツンと来る。
そして、その後の余韻はウイスキーに徐々に変化していく。
この変化がとても面白く、本当に美味しいです。

来年もこのウイスキー梅酒を、そして新しく他の様々なお酒で梅酒を試したいと思います。



ウイスキー梅酒 - 城好きwebプログラマーの生態メモ - 生活編